私たちのこだわり

コンセプト

こだわり

コンセプトムービー公開中
  • コンセプト開発HI(NY) design
  • 建築デザイン杉山敦彦
  • フラワーアレンジメント田島由紀子

コンセプト開発「HI(NY) design」

ノートルダム横浜みなとみらいのコンセプトを教えてください。

ノートルダム横浜みなとみらいのコンセプトは『洗練された大人の為のMANHATTAN WEDDING』。
このコンセプトの軸は、『MINGLE(ミングル)』。
日本では馴染みの少ない言葉ですが、ニューヨークのパーティーの基本です。
ゲストが自分のテーブルから立ち上がって、新郎新婦や他のゲストと自然と楽しくミングルできるようワインテイスティング、マジックショーなどいろいろな仕掛けを提供していきます。

コンセプト開発のこだわりは何でしょうか。

カラフルかつ高級感のあるビジュアルで『ニューヨーク』らしい洗練された雰囲気とわくわくするような大人の遊び心を感じていただけるようにしました。

これからの「ノートルダム横浜みなとみらい」とは。

FIVESTAR WEDDINGの真心のこもった上質な『おもてなし』をもって、ニューヨークのパーティーのように新郎新婦がゲストと共にミングルしながらとびきりの思い出をつくりあげる、洗練された大人の為のブライダル施設になっていきます。

HI(NY) design

PROFILE

HI(NY) design(ハイ・ニューヨーク)

渡邊瞳と小山田育によるNYを拠点とするデザインユニット。
アメリカ、日本、ヨーロッパ、中東、南米と国内外を問わず、プリントデザインやブランディングを中心に活動。クライアントには、Coca Cola、MTV、Victoria’s Secretなど。
最近ではウェブ、モーショングラフィックス、インテリアデザインなどのアートディレクションも手掛ける。

建築デザイン「杉山敦彦」

ホールデザインのこだわりを教えてください。

会場を選ぶ楽しさを感じていただけるように、2つのチャペルと6つのバンケットを全て異なるテイストにしています。それらのデザインは、安易に流行に迎合せず、長い未来に渡ってスタンダードになっていけるような、そんな力強くて普遍的な空間としました。

「ノートルダム横浜みなとみらい」の新しさとは何でしょうか。

ノートルダム横浜みなとみらいの先進性はチャペルに集約されています。
キリスト教スタイルの教会的なビジュアルで表現することなく、抽象的な空間にすることで、チャペルが備える非日常性をさらに増大させました。
最先端の異文化など、新しいモノやコトをしなやかに取り込んできた横浜だからこそ、チャレンジできたデザインです。

ウエディングの過去・現在・未来とは。

FIVESTAR WEDDINGが培ってきた「日本のウェディング」の歴史がここにはあります。
現在から10年先までを俯瞰して創り上げた、未来のウェディングもここにはあります。
その過去・現在・未来がブレンドされ、時とともに熟成されていくこの場所は、永遠を誓う新郎新婦にとって、最もふさわしい会場だと考えます。

杉山敦彦

PROFILE

WHOLEDESIGN(ホールデザイン)杉山敦彦

物心のついたころから空間が人にあたえる影響をつよく感じており、必然の流れで建築の世界へと足を踏み入れる。
建築の世界的アワード受賞歴なども誇り、ホテル・ブライダル・レストランを中心に、現在では多種多様な建築・インテリア設計を手掛けている。

フラワーアレンジメント「田島由紀子」

ブーケ制作のこだわりを教えてください。

季節感と素材の上質さを踏まえつつ、色彩・調和・洗練・エレガント・そして、ここにしかないもの。
これらをテーマにし、花嫁様のドレスに合わせて、デザインをご提案いたしました。

ブーケ制作・フラワーコーディネートを担当するにあたり、どのようなコンセプトメイクを行ったのでしょうか。

Antique(アンティーク), Rustique(リュスティック), Sympathique(サンパティック)の3つのキーワードをコンセプトとしています。
欧米で今流行しているデザインをベースに、NY &. Brooklyn スタイルをYokohamaから発信していきます。

田島氏が考えるこれからのノートルダム横浜みなとみらいとは。

奇を衒うことなく自然体で、ゲストへのおもてなしの心を大切にする披露宴。
派手な演出はなく、自然の息吹を感じる花々。豊かな実りの一皿。芳醇なワインを肌で感じていただき、
この日にしかないという贅沢な時間すごしていただく。これが婚礼の新潮流です。
ノートルダム横浜みなとみらいより発信していってほしいと想っています。

田島由紀子

PROFILE

Pas de Deux(パ・ド・ドゥ)田島由紀子

1991年に『パ・ド・ドゥ』を設立し、ウエディングフラワー事業を開始。テレビ出演や女性ファッション誌の連載、数々の書籍を出版し、多方面で活躍を続ける。
現在では、年間2000件の婚礼の統括を行い、月間200人の生徒を指導、またパリ店オープンに着手している。